> 会社概要 > 年頭の挨拶

2017年1月5日
株式会社ユニソク
社長 駿河 正次


年頭の挨拶

新年 明けましておめでとうございます。
2016年、2017年は「申酉(サル・トリ)」騒ぐと言われる年で活動的、行動的、縁起の良い年と言われています。昨年(2016年)申年のユニソクは小企業から中企業に脱皮しました。「売上30%プラスの14.2億円、近代的第2工場の竣工」で変革することができました。

今年(2017年)酉年はさらに積極的に活動し、取り込み、さらなる成長発展を目指し実りある1年にしましょう。大きな課題は3つ有ります。これらの課題を解決するために真正面から真剣に立ち向かわなければなりません。

CEO Shoji Suruga

社長の抱負(社内向け)

  • お客様の要望、不満を直接聞き会社の改善を促します。
  • 新たな成長軌道、繁栄のため課題に果敢に挑戦します。投資します。
  • ユニソク成長過程において楽観視出来ない面も出てくると想定し手綱を締めて経営をします。
  • やりがいのある会社を目指します。
  • 健康重視の職場環境を整えます。
  • 会社情報を公開し皆さんと共有します。
  • 働き方の改善と生産効率の向上を行います。

課題

1. グローバル化は時代の流れ
  • 2016年にはS社を取り込み業務提携しました。
    GNT100の受賞は伊達ではなく大企業では当たり前のことユニソクは中企業ではあるが中小企業のリーダーにしたい。
  • 2017年も1社取り込みお互い強みを発揮し連携したい。
    全ては会社の生き残り、存続、安定成長を促し一流会社化します。(マニュアル、Web、カタログ、ソフトウェア共有化、品質、簡単操作等)
  • 現地法人を設け大企業並みの対応と顧客安心度の向上
  • 時代を先取りする中小企業を目指す。

2. お客様第一主義に徹する。成長の原点
  • ユニソク成長の原点は迅速な顧客対応、アフターサービス、顧客の評判がいい。さらなる迅速対応のためグローバル企業連携に取り組みます。
  • ユニソクの商品力は超低温、強磁場が売り。きれいな画像が得られる、電子の操作ができる。

3. 重要開発は“無冷媒最優先・He少量化へ脱皮”
  • Heは枯渇してきていて、入手が困難になっています。
    この課題解決のため無冷媒化、He消費量を減らすための開発を最優先する。
  • ダブルウォールチェンバー(LN2とHe壁の二重層)を開発中、年前半に結果が出る予定。

仕事評価と働き方の改善を検討中

  • 据付検収件数
  • トラブル解決件数と速さ、問題解決能力
  • 生産性向上(仕事が丁寧、手抜きをしない。内容を理解して設計(標準化含む)、生産、組立調整、据付)
  • 仕事の出来栄え、顧客満足度
  • 20:00退社
    有給休暇の取得(会社が指定すること有り)

顧客向けドキュメント

  • 機器説明書、できるだけ詳しく、分りやすく、丁寧(他社のマニュアルも参考にする)
  • Web、カタログ、英語版、中国語版の作成、掲示
  • News Letterの発行

2016年のキーワード

  • 本社(TII)に負けない業績を上げよう ············ 達成
  • ムダを省きましょう ············ 道半ばほぼ達成
  • 表彰制度(提案、検討事項) ············ 未達成
  • 働き方改善 ············ 大幅に改善
  • グローバル化に伴う語学力のレベルアップ ············ 道半ば未達成
  • お客様のBestパートナーであり続ける ············ 達成、進行中

2017年のキーワード

  • 顧客第一主義
  • グローバル化推進
  • 無冷媒化開発の最優先

以上を持ちまして年頭の挨拶、年頭所感とさせて頂きます。