> SPM製品案内 > 走査型プローブ顕微鏡 > 超高真空極低温強磁場中走査型トンネル顕微鏡システム USM1300

超高真空極低温強磁場中走査型トンネル顕微鏡システム USM1300

商品カタログPDF SPMシステム対応表 サンプルデータ

超低温・強磁場STMのハイエンドモデル!
国内外で活用され、表面物理の先端研究に貢献しています。

超高真空、超低温、強磁場のSPM観測に。温度可変超低温走査型トンネル顕微鏡装置 USM1300S 4HeVTI。3He超低温走査型トンネル顕微鏡装置 USM1300S 3He

市販品で最も低い到達温度と強磁場を実現した、表面科学研究の最前線で活躍する高性能STMです。研究目的に合わせて必要な試料前処理システムを構築することができます。超伝導や低温物理研究の最前線に必須の研究設備です。


特長
3Heモデルでは市販品で唯一の超低温 400 mk 以下達成
最高15テスラの超伝導マグネットや3次元マグネットを組込可能
抜群の安定性、高分解能を保証
各種付属装置や独自開発の多機能プローブが使用できる
用途
超低温下の超伝導現象、電子エネルギー構造の観測
原子・分子の高分解能観測
IETSによる分子運動の観測
強磁場中STSによるスピン応答の観測
高周波導入によるスピン共鳴計測への応用
高分解能磁気構造の観測、スピン偏極STM
仕様
SPMヘッド
最大スキャン範囲 (X × Y × Z) 2 × 2 × 0.25 μm (低温時は1/4)
分解能 原子分解能
到達温度 0.4 K 以下 (3He使用時)
磁場強度 最大 11 T (オプション選択時最大 15 T まで可)
真空度 観測室・処理室共に1.3 ×10-8Pa、導入室1.3 ×10-5Pa
STMコントローラー Nanonis™ SPMコントロールシステム

商品カタログPDF SPMシステム対応表 サンプルデータ