> 会社概要 > 沿革

沿革

1974年 (昭和49年) 11月 株式会社ユニオン測器を設立。旋光計・光散乱測定装置の販売を開始
1981年 (昭和56年) 10月 商号を株式会社ユニソクと変更。ストップトフロー・レーザー分光システムを販売開始
1985年 (昭和60年) 10月 増資…資本金5,000,000円
1986年 (昭和61年) 4月 大気中で使用する走査型トンネル顕微鏡を完成、販売開始
1989年 (平成元年) 8月 超高真空 STM 装置を製品化、販売開始
1990年 (平成2年) 10月 増資…資本金10,000,000円
1991年 (平成3年) 10月 極低温超高真空 STM を製品化、販売開始
1997年 (平成9年) 10月 増資…資本金25,000,000円
1998年 (平成10年) 7月 事業拡大のため本社を移設
1999年 (平成11年) 8月 2K強磁場環境極低温超高真空STM装置を製品化、販売開始
2002年 (平成14年) 10月 400mK強磁場環境極低温STM装置を製品化、販売開始 (NEDOプロジェクトにて開発)
2006年 (平成18年) 2月 2006年ナノテク大賞「評価・計測部門」を受賞。自社技術による走査型プローブ顕微鏡
2006年 (平成18年) 12月 枚方市より「ものづくり事業者表彰式」の優秀賞を受賞
2007年 (平成19年) 3月 JST先端計測機器開発による4プローブSPM装置を製品化、販売開始
2007年 (平成19年) 4月 大阪府より「新技術開発功労者」で表彰。極低温走査型プローブ顕微鏡
2010年 (平成22年) 9月 株式会社ユニソクは株式会社東京インスツルメンツのグループ会社になる
2011年 (平成23年) 9月 Unisoku-TII Instruments有限公司を北京に現地法人設立
2011年 (平成23年) 10月 増資…資本金 50,000,000円
2012年 (平成24年) 6月 業務拡大のため新工場増築完成
2012年 (平成24年) 12月 希釈冷凍方式 40 mK 極低温強磁場STMシステムを製品化、販売開始
2014年 (平成26年) 3月 経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選 (電気電子部門)」に選定
2016年 (平成28年) 7月 第二工場完成で生産能力2.5 倍、作業環境を改善。
2016年 (平成28年) 9月 光化学協会技術賞受賞
2017年 (平成29年) 4月 第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」受賞
2017年 (平成29年) 9月 JST先端計測機器開発による高速過渡吸収分光装置picoTASの製品化