> What's New?

What's New?

米国 RHK Technology社製 SPM製品の取り扱い終了のお知らせ

 弊社は、2017年7月31日の販売代理店契約終了により米国 RHK Technology社製SPM製品の取り扱いを終了いたしました。
お客様におかれましては、長年にわたりRHK社の製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
 尚、今後のRHK Technology社製 SPM製品の取り扱いにつきましては以下の日本カンタム・デザイン株式会社にお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 【お問い合わせ先】
日本カンタム・デザイン株式会社
TEL : 03-5964-6622 / FAX : 03-5964-6621
http://www.qd-japan.com


2017年夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2017年8月10日(木)~2017年8月16日(水)までを夏期休業期間とさせていただきます。
2017年8月17日(木)より通常営業いたします。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


日刊工業新聞に掲載されました。
第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」開発の舞台裏 優秀賞 ユニソク

日刊工業新聞 2017年7月27日 27面 掲載


日刊工業新聞 掲載記事(掲載:2017年7月27日 27面)は、こちらからお読みいただけます。
※記事の著作権は日刊工業新聞社に帰属します。
 記事の掲載に当っては日刊工業新聞社の許諾を得ております。(承認番号:N-7255)

日刊工業新聞に掲載されました。
第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」開発の舞台裏 優秀賞 ユニソク
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00437198


東京インスツルメンツ 独社と海外事業統合

TIIグループ東京インスツルメンツは、ドイツの表面解析機器大手のSPECS Surface Nano Analysis GmbHと合弁で、スイスに現地法人「スペックスーTII」を設立。 日本とドイツを除く世界で販売・保守・研究開発・現地法人統合。 SPECS-TII Technology(Beijing)、米国、インドなど。

  • 合弁会社名:SPECS-TII GmbH
  • 資 本 金:200,000 スイスフラン
  • 出 資 比 率:東京インスツルメンツ  50%
    SPECS Surface Nano Analysis GmbH  50%
  • 代 表 者:Mr. Ferdinand Bartels
  • 取扱い商品:UHV LT STM・TERSラマン分光装置、ピコ秒過渡吸収分光システム、Enviro ESCA、ARPES、TOF光電子顕微鏡など。


第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」でユニソクが「優秀賞」受賞

日刊工業新聞 2017年4月11日 20面 掲載


日刊工業新聞 掲載記事(掲載:2017年4月11日 20面)は、こちらからお読みいただけます。
※記事の著作権は日刊工業新聞社に帰属します。
 記事の掲載に当っては日刊工業新聞社の許諾を得ております。(承認番号:N-7121)

第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」でユニソクが「優秀賞」受賞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00423926


UNISOKU Newsletter 2017

UNISOKU Newsletter 2017

クロスワードの答えは こちら


朝日新聞「近畿の底ぢから」に掲載されました

2017年1月14日(土)の朝日新聞 近畿版「近畿の底ぢから」にユニソクが掲載されました。

記事イメージ
  • 超高真空低温走査プローブ顕微鏡。倍率100万倍。
  • 先端が極細の針で試料の表面をなぞり原子レベルの世界をのぞき見る。
  • 試料の表面を真空低温絶対零度に近づけ物質の動きを止め原子、分子の形状や性質を観測する。
  • 1台5000万円から1億円、輸出は8割、世界トップシェアで数百台納入。
  • 経営理念は「科学技術革新に貢献」と「ナノテク計測ナンバーワンを目指す」

年末年始休業日のご案内

ユニソクは下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。
2016年12月29日(木)~2016年1月4日(水)
新年は1月5日(木)より通常営業を開始いたします。


「第14回勇気ある経営大賞」で東京インスツルメンツが「特別賞」受賞

株式会社 東京インスツルメンツが、「第14回勇気ある経営大賞」(主催 東京商工会議所、フジサンケイビジネスアイ)で「特別賞」を受賞しました。

  • フジサンケイビジネスアイ 2016年9月21日 日刊21319号 1面掲載
  • 日刊工業新聞 2016年9月21日 4面掲載
記事イメージ

2016年夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2016年8月11日(木)~2016年8月17日(水)までを夏期休業期間とさせていただきます。
2016年8月18日(木)より通常営業いたします。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


第二工場完成

2016年7月 本社敷地内に第二工場が完成

  • 敷地面積 30m×13m
  • 2階建て,1階は吹き抜け構造でピット有り、Eco構造
  • 生産能力2倍強(従来比)
  • 作業環境の改善
外観 外観 1階吹き抜け部分 1階吹き抜け部分

ユニソクの輸出拡大が2016年6月6日付 日本経済新聞に掲載

”分析・測定機器 中国・インドへ”

新興国の研究開発投資の拡大を追い風にユニソクは研究開発用に使う特殊な顕微鏡の輸出を拡大している。15年度は11.5億円で11年度比2倍以上の見通し。

国内納入先の留学生が帰国後にユニソクの装置を使い続け成果を出したことが一因となり海外の他の研究者が購入し、その成果が毎年複数の一流の科学誌に掲載されるようになった。精微な観察データが得られ中国や欧州から注文が相次ぐ。


OPTRONICS 2016年5月号に掲載

「ユニソク、プローブ顕微鏡の新工場を建設へ」という記事がOPTRONICS 2016年5月号に掲載されました。

表紙 中

新工場建設が2016年3月21日付 日本経済新聞に掲載

"高精度顕微鏡の新工場ユニソク 新興国に供給"

ユニソクは、高精度な特殊顕微鏡の新工場を建設する。(中略)本社隣接地で7月末の稼働を目指す。国内向けの他、高機能材料やナノテクノロジーを研究する中国やインドなどの新興国の企業や研究機関に供給する。(中略)新工場は延床面積500平方メートル、年間の生産能力を40台以上に増やす。昨年11月にドイツ企業から製造販売権を取得した最先端の顕微鏡の生産も手がける。


プローブ顕微鏡の新工場建設を決定

超高真空走査型プローブ顕微鏡の生産能力と品質の向上のため、本社隣接地に新工場(第2工場)を建設します。2016年、7月末完成予定。新工場は、mK-Vectorマグネット仕様のUHV-STM装置を組み上げることができるピット環境を4箇所備えます。同時に6システムを立ち上げることができるスペースを確保し、作業効率の向上と、質の高い出荷検査体制を目指します。納期短縮と安定した装置の立ち上げを目指し、一層の努力を重ねてまいります。


UNISOKU Newsletter 2016

UNISOKU Newsletter 2016


オプトロニクスに掲載

OPTRONICS (2016) No.1 の業界トピックスに当社の記事が掲載されました。SPECSは社員数146名、売上40億円です。
「分析機器のユニソク、顕微鏡事業を独社から取得」

optronics表紙 optronics記事

年末年始休業日のご案内

当社は下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。
2015年12月26日(土)~2016年1月3日(日)
新年は1月4日(月)より通常営業を開始いたします。
本年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。
来年も良いお歳をお迎えください。
皆様のご多幸をお祈りいたします。


ユニソク勉強会

「地位が高まるにつれマナーは義務である」 (PDF参照)


ユニソク勉強会

「人生いろいろ 成功のヒント」 (PDF参照)

参考になると思いますが他にも成功のヒントがあればアドバイス願います。


JT-STMの移管が2015年11月17日付に掲載、日経産業新聞

分析機器のユニソク 顕微鏡事業 独社から取得 先端技術を手中に

ユニソクはドイツスペック社からJT-STMの製造、販売権の事業取得で年間2億~3億円程度の売り上げ純増を見込む。

すでに大学など研究機関から発注を受けた機器については、スペックス社が製造販売するが、2015年11月以降の注文についてはユニソクが、国内外で製造販売を引き受けるという。

ユニソクの駿河社長は「競争で体力を削り合う時代ではなくなった。お互い得意分野に特化することが生き残りのカギを握る」と話す。


JT-STMが(独)スペックス社から技術移管されました

駿河社長とSPECS社長

ドイツの大手表面解析機器メーカーのスペックスサーフェースナノアナリシスと協業を行うことが合意され、スペックスが製造販売する、ジュールトムソン走査型プローブ顕微鏡(JT-STM)はユニソクに全て移管されます。

低温、磁場中での光学アクセスが可能なSPMヘッドを含む、スペックスの主力製品である低温SPMの移管は、超高真空、極低温、高磁場測定での製品群の選択肢を更に広げることになります。スペックスとユニソクは各々特意分野に特化します。


TII Group の新しい標語(スローガン)「Mutual Satisfaction」


TII Group LOGO

TII グループはお客様、取引先、同業者、社員と”共に満足・共存共栄・ウィンウィン・連携・提携・協業の関係を築いています。そして共に成長、歩み、和の精神でつないでゆきたいという想いの表現です。

UNISOKU LOGO

ユニソクロゴも、改訂されました。



『Nature Chemistry』に掲載 北京大学 Wu Kai 教授 ユニソクUHV STM 使用

Assembling molecular Sierpinski triangle fractals

Ag (111) 表面上に自己組織化された臭素系芳香族分子群が欠陥のない“シェルピンスキー三角形”構造を形成することを見出し、
ユニソクの超高真空極低温走査型トンネル顕微鏡USM-1200Sを使用して観察することに成功した記事が掲載されました。

"Assembling molecular Sierpinski triangle fractals"
Jian SHang, Yangfeng Wang, Min Chen, Jingxin Dai, Xiong Zhou, Julian Kutter, Gerhard Hilt, Xiang Shao, J. Michael Gottfried and Kai Wu

SKLSCUSS, BNLMS, College of Chemistry and Molecular Engineering, Peking University, Beijing 100871, China.
Key Laboratory for the Physics and Chemistry of Nanodevices, Department of Electronics, Peking University, Beijing 100871, China.
Fachbereich Chemie, Philipps-Universität Marburg, Hans-Meerwein-Strasse, Marburg 35032, Germany.
Department of Chemical Physics, School of Chemistry and Materials Science, University of Science and Technology of China, Hefei 230026, China.
SPURc, 1 CREATE Way, #15-01, CREATE Tower, Singapore 138602, Singapore

NATURE CHEMISTRY VOL 7 | MAY 2015, Pages: 389-393
Date published: March 30, 2015
DOI: 10.1038/NCHEM.2211


UNISOKU-TII Instruments Co.,LTD(当社子会社)が北京市輸入出企業業会から「団体会員」を認められました

当社子会社である北京現地法人UNISOKU-TII Instruments Co., LTDは、北京市輸入出企業業会から「団体会員」が認められた事により、貨物輸出入のサポートや支援を受ける事ができ、貨物通関が速くなりました。お客様へより一層のサービス向上に努めて参ります。
認定書


JST 先端計測に採択

研究開発課題
「革新的過渡吸収測定手法RIPT法の開発」
が、独立行政法人科学技術振興機構 (JST) の平成26年度研究成果展開事業 (先端計測分析技術・機器開発プログラム) の最先端研究基盤領域「機器開発タイプ」に採択されました。

http://www.jst.go.jp/pr/info/info1068/index.html
先端計測ロゴ

ポスター発表

  • 2014年光化学討論会 (2014年10月11日-13日、北海道大学) において、1件のポスター発表を行いました。
    新しいサブナノ秒過渡吸収測定手法とその評価

    発表ポスター
    このポスターの閲覧をご希望の方はinfo@unisoku.co.jpまでご連絡下さい。

  • 第64回錯体化学討論会 (2014年9月18日-20日、中央大学) において、1件のポスター発表を行いました。
    サブナノ秒からミリをカバーする新奇な過渡吸収測定手法の開発と従来法との比較

「生物物理」 2014年10月号に掲載

分子研古谷祐詞准教授、理研木村博士と共同執筆した記事、「理論/実験技術急速緩衝液交換法による時間分解全反射赤外分光法の開発」が、生物物理 第54巻5号 (10月号) に掲載されました。急速緩衝液交換装置の開発全般を担当しました。

同誌は 生物物理学会ホームページ などにおいて、無料で購読できます。


大阪企業家ミュージアムでの展示

大阪企業家ミュージアム 特別展示「輝く企業 賞を得た企業」でユニソクは、グローバルニッチトップ企業100選 [近畿ブロック]として紹介されています。

場所: 大阪企業家ミュージアム
開催日時: 2014年9月2日 (火) ~ 2014年11月28日 (金)(休館日は日、月、祝休日)

詳しくは 大阪商工会議所のホームページ をご覧ください。


OPTRONICS 2014年5月号に掲載

グローバルニッチ企業100選に関する記事が、OPTRONICS 2014年5月号に掲載されました。

このなかには光関連企業も選出されており、……電気・電子部門では超高真空走査型プローブ顕微鏡を手掛ける東京インスツルメンツグループのユニソクが選ばれている。 (本文より抜粋)
OPTRONICS 表紙 OPTRONICS 記事

「グローバルニッチトップ企業100選」に選定

株式会社ユニソクは経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選 (電気電子部門)」に選定されました。グローバル市場で活躍し、ニッチ分野で高いシェアを確保し、良好な経営を実践している企業に表彰されました。また、「日本再興戦略」に基づきグローバルニッチトップ企業を支援されます。皆様のご支援に感謝します。

賞状 日本語 賞状 英語 賞状 ガラス製

UNISOKU-TII Instruments Co., LTD が China Core Suppliersを受賞

当社子会社である北京現地法人 UNISOKU-TII Instruments Co., LTD は堅実成長企業であり、優良実績が評価され中国商務部国際貿易経済研究院からChina Core Suppliersを受賞しました。

賞状

超高真空FIB/SEMカラム

UNISOKUはフランス・オルセーフィジックス社と技術提携を結び、超高真空対応の高空間分解能FIB/SEMカラムを提供します。


Nature』に掲載

ユニソクの超高真空極低温走査型プローブ顕微鏡システム USM1400シリーズ (特別仕様) を使用し、空間分解能1nm以下で単分子のプラズモン増強ラマン散乱マッピングに成功した記事が掲載されました。

"Chemical mapping of a single molecule by plasmon-enhanced Raman scattering"
R. Zhang, Y. Zhang, Z. C. Dong, S. Jiang, C. Zhang, L. G. Chen, L. Zhang, Y. Liao, J. Aizpurua, Y. Luo, J. L. Yang & J. G. Hou
Hefei National Laboratory for Physical Sciences at the Microscale, University of Science and Technology of China, Hefei, Anhui 230026, China
Nature498, Pages: 82-86
Date published: June 6th, 2013
DOI:10.1038/nature12151

30mK極低温強磁場環境STM装置

当社の30mK極低温強磁場環境STM装置の記事が、2012年8月22日付け日経産業新聞7面に掲載されました。

30mK極低温強磁場環境STM装置

ユニソクが、磁性材料の磁気構造の解明に役立つ走査型トンネル顕微鏡 (STM) を開発した。開発したのは30 mK の極低温で16 T の強磁場環境を作り出せるSTM。原子は100 mK まで冷やすと電子の磁石 (スピン) の揺れが止まり向きが揃う。これに十数テスラの磁場をかけるとスピンが反転する様子を観察する事ができる。スピンの性質が分かりやすい極低温・強磁場での評価は、室温で動作する素子の開発に役立つ。1台1億円程度で、年内にも発売する予定。(本文章は記事に基づき当社にて要約・修正したものです)


新社屋完成

2012年6月末、本社敷地内に新社屋が竣工しました。

  • 新社屋1階、大型SPMシステム製造用スペースを確保 (天井高さ4 m、深さ2.5 m のピット2箇所を設置)
  • 新社屋2階、SPMプローブ、分光システムの製造スペースを設置
  • 本社工場には分析専用室、レーザー分光室を設置
  • 本社・新社屋を合わせ、製造・開発・研究環境のスペースを倍増
ユニソク新社屋完成 ユニソク新社屋完成

研究論文『Science』に掲載

ユニソク製超高真空極低温強磁場中走査型トンネル顕微鏡システムUSM1300シリーズを使用した研究論文がScienceに掲載されました。

"The Coexistence of Superconductivity and Topological Order in the Bi2Se3 Thin Films"
Mei-Xiao Wang et al.
Shanghai Jiao Tong University
Science 336, 52 (2012);
DOI: 10.1126/science.1216466

Nature Materials』掲載

ユニソク製超高真空極低温4探針走査型プローブ顕微鏡システムUSM1400-4Pを使用した研究論文がNature Materialsに掲載されました。

"Atomic-scale transport in epitaxial grapheme"
Shuai-Hua Ji*, J. B. Hannon, R. M. Tromp, V. Perebeinos, J. Tersoff and F. M. Ross*
IBM T. J. Watson Research Center
Nature Materials Letters
Published Online November 20th, 2011
DOI: 10.1038/NMAT3170
多探針装置用新型プローブの販売を開始