> SPM製品案内 > 走査型プローブ顕微鏡 > 超高真空極低温強磁場中走査型プローブ顕微鏡 USM1500

超高真空極低温強磁場中走査型プローブ顕微鏡 USM1500

商品カタログPDF SPMシステム対応表

USM1300型をコンパクトにした極低温強磁場対応SPMのミドルエンドモデル新登場!

超高真空極低温強磁場中走査型プローブ顕微鏡システム USM1500

全高が低く、操作性とコストパフォーマンスに優れた新型極低温強磁場対応SPMシステムです。AFM測定もオプションにて対応可能です。


特長
強磁場中でのAFM測定(オプション)
抜群の安定性と高分解性を保証
オプションで 8 T までの磁場印加
USM1300よりも低く(全高 3 m)、ピット工事、天井工事不要
用途
極低温下の超電導現象、電子エネルギー構造の観測
原子・分子の高分解能観測
IETSによる分子運動の観測
強磁場中STSによるスピン応答の観測
高周波導入によるスピン共鳴計測への応用
高分解能磁気構造の観測、スピン偏極STM
仕様
SPMヘッド
最大スキャン範囲 (X × Y × Z) 4 × 4 × 0.8 μm (低温時は1/4)
分解能 原子分解能
温度範囲 2.5 ~ 50 K 温調可
真空度 観測室・処理室: 1.3 ×10-8Pa、導入室: 1.3 ×10-5Pa
STMコントローラー Nanonis™ SPMコントロールシステム
オプション
AFM機能 チューニングフォーク式NC-AFM
超電導磁石 垂直方向最大 8 T (可変)

商品カタログPDF SPMシステム対応表